火葬・家族葬は『稲城葬儀社』へ-稲城市で評判の葬儀社

フリーダイアル:0120-914-995

稲城市民葬指定取扱業者 厚生労働省認定 葬祭ディレクター在籍

ホテル葬


以前はホテル側が他のお客さんに配慮して、遺体持込を禁止しているところがほとんどでしたが、最近になって、本業での業績不振から、葬儀の世界へと参入してくるホテルも出てきており、遺体の持込を解禁するホテルも出てきました。
しかし一般的には密葬のあと、社葬や偲ぶ会として遺骨、遺影を中心にパーティー形式で行う場合がほとんどです。
その場合、平服での参列と、香典返しを省略するのが一般的です。

葬儀用語集